楽しいだけじゃない!半同棲★あるある

大学生の半同棲・同棲

私は高校時代からお付き合いしている彼がいました。同じ大学に合格し、お互い一人暮らしだったため、半同棲のような生活が数年続いたのですが、その時感じた半同棲あるあるをお伝えしたいと思います。

そんな千葉大学女大生がまとめた「半同棲あるある」です。

あるあるその1「生活費の分担問題」

好きな人と一緒に暮らす時間は楽しいだけじゃない。

日々の暮らしにはお金がかかるという、現実的かつ当たり前な問題が発生するのです!

しかも半同棲の場合のやっかいなところは、完全に二人暮らしではない、ということです。

同棲であればきっちり分けることで問題は回避できますが、相手の部屋で過ごす時間がまちまちな半同棲は、なかなかその線引きが難しいです。最初は少しだし楽しいからいいか♪と思っていた金銭的な負担も、時間がたつにつれ金額は積み重なり、だんだんとストレスへと変わる可能性も。

気が付いたら「あれ、私がいつも多く払っている!」と思っても「でももう言い出すきっかけがない・・・」、なんて状況になりかねません。

すべては半同棲当初に「費用負担の割り振りを決める」ことが大切です。

「光熱費や水道代のどれかを負担する・してもらう」「食費は折半」などあらかじめ決めておけば、後々衝突することも無いでしょう。

ちなみに私の場合は、自分と相手のアパートの部屋を行ったり来たりだったので光熱費はそれぞれが払い、食事は折半にしていました。食事の買い出しは主に私がしていたので、月の初めに少しもらっておく、なんてこともしていました。最後に、「生活費は親が払ってくれるからいいや」」と思っているそこのあなた、お父さんとお母さんが稼いでくれた仕送りではなく、相手にきちんと払ってもらうなり、多少バイトを増やしてでも自分で稼ぐなり、楽しい時間は自分の力で手に入れましょう。

あるあるその2「テスト勉強は意外に捗る?」

高校生までは親の目もあり、テスト期間となればそれなりに勉強していたはず。

しかし一人暮らしを始めると、誰の目もなく、周りには誘惑がいっぱい。それまでのようにテストで順位がつきにくいのが大学です。単位が取れればそれでいい、なんて考えでその場しのぎの一夜漬けを敢行する学生も多いのでは。

誰かと勉強したほうが捗る、という人には、半同棲は意外と良い環境かもしれません。図書館に行く必要もなく、ファミレスで店員さんに冷たい目で見らることもなく、お互いを監視(!)することで適度な集中力が保てます。

ただしいったん二人同時に集中力を失くすと、どこまでも脱線していく可能性があるのでご注意を。絶対に一人で勉強したい!という方は、テスト期間中は恋人断ちをし、テスト明けのデートを楽しみに励むのもいいかもしれません。普段一緒にいる人と離れることで、新たな発見もありそうですね。

あるあるその3「お互いが空気になるまでの距離感」

半同棲とはつまり、好きな人と過ごす時間がとても長いということです。一人で過ごす、いつものありのままの姿を恋人に見せられる人は少ないのではないでしょうか。特に女の子は、なるべくかわいく見られたいですよね。例えばトイレに行くタイミングひとつとっても、難しいと思っている人も少なくないのでは。音が聞こえないか、すぐ後に入られたらちょっと嫌だ・・・それでずっと我慢してしまう人もいませんか?

お互いに今までの生活リズムがあるので、すぐに相手に合わせるのは難しいですよね。

そして、最初から相手にすべて合わせてしまうのはお勧めしません。今後長い付き合いになった場合、途中から生活を変えることは難しいかもしれないし、相手にずっと自分が我慢していたことを告白するのは、相手を傷つけることになるかもしれません。初めからすべてを完璧にはできないと思いましょう。

日々の生活のなかで「失敗した!」と思うことは、必ず起こります。絶対起こります。うまくできなかった料理、相手の物を壊してしまう、ちょっとした言い争い、予期せず出てしまうおなら等の生理現象(!)・・・挙げればきりがありませんよね。大切なことは、それらを許し、笑いあえる関係作りですよね。様々なハプニングはあるけれど、それが半同棲の醍醐味。そう思って、二人の生活が出来上がるまでを楽しんでみてください。

あるあるその4「浮気はばれやすい」

前置きをします。これは個々人の性格によりかなりの個人差があります。あくまで、私の見解です。それを踏まえてお読みいただけると嬉しいです。

二人が楽しい時間に慣れてきたころ、それは突然起こります。きっかけは人それぞれです。深い話はまた別の機会にするとして・・・一緒に暮らしていると、お互いの生活パターンがよくわかります。というか、把握せざるを得ないですよね。ふとしたとき、その生活パターンが崩れていることに気づきます。いつもはもう帰ってくる時間なのに帰ってこない、いつもと態度が違う・・・。相手をよく知るからこそ、変化にも気づきやすいですよね。そんな些細なところから気付く人は気付いてしまいます。

みなさん、恋人が大切なら完璧なアリバイを用意しましょう。・・・ではなく、ばれるときはばれてしまいます。恋人を傷つけないよう、誠意ある半同棲ライフを送ってくださいね。

まとめ

今回は半同棲生活のあるあるをお送りしました。大学での生活は、高校生までの恋愛よりも自由度が増し、出会いも多くなり、恋愛のチャンスも多くなるはず。半同棲は好きな人との時間が増えてとても楽しいものですが、その分悩みや責任も増えるはず。大人の段階を踏むときです。相手と、そして自分も思いやり、素敵な大学生ライフを送ってくださいね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。